差分表示

  • 最後の更新で追加された行はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された行はこのように表示します。

*1984年(昭和59年)
**作品リスト
,''タイトル'',''掲載誌等'',''出版社等'',''掲載年月日'',''ジャンル''
,将軍、亡霊を見たり,オール読物,文芸春秋社,1984年1月号,時代短編
,猫柳ヨウレの冒険 〇・五の悲劇,SFアドベンチャー,徳間書店,1984年1月号,SF短編
,とっておきのジョーク,週刊文春,文芸春秋社,1984年1月5日号,エッセイ
,オーロラの消えぬ間に 《調査船報告》,SFマガジン,早川書房,1984年2月号,SF短編
,眉村卓氏の世界 (眉村卓著『ショートショートふしぎな家族』解説),角川文庫:『ショートショートふしぎな家族』,角川書店,1984年2月10日刊,評論
,解説 (星谷仁著『クロカニ号の冒険』解説),金の星社:『クロカニ号の冒険』,金の星社,1984年3月刊,評論
,切支丹武蔵,問題小説,徳間書店,1984年3月号,時代短編
,夢の後に または私のディエンビエンフー,北の文学,岩手日報社,1984年4月8号,エッセイ
,暗黒街の顔役よりも,別冊小説現代,講談社,1984年4月15日号,エッセイ
,猫柳ヨウレの冒険 ホットライン殺人事件,SFアドベンチャー,徳間書店,1984年5月号,SF短編
,笹りんどうは枯れた,週刊小説,実業之日本社,1984年7月26日増刊号,時代短編
,私の《ファーブル昆虫記》,アニマ,平凡社,1984年8月号,エッセイ
,伴天連武蔵,問題小説,徳間書店,1984年8月号,時代短編
,平泉から来た男,歴史と人物,中央公論社,1984年8月号,時代短編
,平家物語(平家物語 巻之二),野性時代,角川書店,1984年9月号〜10月号,時代長編
,”稀有の才能” (萩尾望都/光瀬龍『百億の昼と千億の夜』解説),秋田書店:『百億の昼と千億の夜』,秋田書店,1984年9月5日刊,評論
,ゴキブリの”落ちこぼれ”がシロアリになりました 奥井一満「はみ出し者の進化論」,週刊文春,文芸春秋社,1984年9月13日号,評論
,坂本竜馬暗殺の謎,歴史と旅,秋田書店,1984年11月号,評論
,猫柳ヨウレの冒険 パンを召しませ,SFアドベンチャー,徳間書店,1984年11月号,SF短編
,平家物語 巻之三,野性時代,角川書店,1984年12月号〜1985年1月号,時代長編
**対談・インタビュー等
,雪見酒対談 「百億の昼と千億の夜」レコード発売記念 光瀬龍VS萩尾望都,月刊アウト,みのり書房,1984年4月号,対談:光瀬龍/萩尾望都

RIGHT:[[戻る>作品年表]]